マンチェスター・ユナイテッドの2017-18年adidas新ユニフォームを発表

27年間続いたアレックス・ファーガソン体制の終焉以降、厳しいシーズンが続いているマンチェスター・ユナイテッド。ルイス・ファン・ハール監督就任2年目の2017-18シーズンもFAカップでこそ決勝へ進出しましたが、CLでまさかのグループステージ敗退しました。また、10日に行われたリーグ戦でウェストハムに敗れた結果、来季のCL出場権獲得も難しくなってしまっていました。

ピッチの外ではジョゼ・モウリーニョ監督招聘の噂も絶えない彼らが11日、2017-18シーズンに向けた新ユニフォームを発表しました。マンチェスター・ユナイテッドに限らず多くのクラブが新ユニフォームの発表をしましたが、今回先にユナイテッドのアウェイユニフォームを紹介します。

adidasと契約して2年目のモデルは、定番カラーの一つである青を基調にしたデザインです。これは1968年、ウェンブリーでベンフィカを4-1で破り初の欧州制覇を達成した際に着用していたユニフォームに由来しており、今回はそこにメランジ調の模様を組み合わせています。

トレンド最先端のカジュアルテイストあふれるデザインで、青をベースにミックスニット調の生地を採用したものとなっています。このブログは2017-18シーズンの新ユニフォームを一つ一つずつ紹介します。是非ご覧下さい!

17-18マンチェスター・ユナイテッドホーム レプリカ サッカーユニフォーム

5964461af179f554613516

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です