レアル・マドリード2017-18シーズン新作サッカーユニフォーム一覧

2016-17シーズンはリーガとチャンピオンズリーグのダブルを達成し、良い形でシーズンを終えたレアル・マドリー。前人未到のCL3連覇をかけた新2017-18シーズンのサッカーユニフォームが6月14日に発表された。

2017-18ユニフォーム ホーム

6

ホームは白基調でクールネック。差し色に明るいティール色が使われ、アディダス3本線は肩に配置。ボディには薄く斜めにグラフィクが入っている。伝統の白をベースに、スリーライン、パイピング、メーカーロゴ、スポンサーロゴをスカイブルー(正式な色名はビビットティールS13)で彩っている。オプションでクラブワールドカップバッジがプリント可能だ。

2017-18ユニフォーム アウェー

7

17-18アウェイは黒基調でこちらもティールを差し色に選択。サードは公募されたデザインの中からティール色基調でピクセルグラフィクが描かれたデザインとなった模様。黒をベースに、スリーライン、メーカーロゴ、エンブレムを緑(ターコイズグリーン)で彩った。この色の組み合わせは、2007-08シーズンのアウェイユニフォームを思わせる。オプションでクラブワールドカップバッジがプリント可能。

2017-18ユニフォーム サード

8

新サードユニフォームを発表。胸スポンサーは「エミレーツ航空」。サプライヤーは「adidas」。新2017-18サッカーユニフォームはユヴェントスサードユニフォームなどと同じくアディダスの公募により提案された案をベースにデザイン。ビビットティール基調でクールネック、フロントに備えたピクセルグラフィックが印象的なモデルとなっている。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です